前へ
次へ

税理士制度を定める法律「税理士法」

士業の一つである税理士は、税務に関するさまざまな業務を行う職業です。これは国家資格によって定められており、この国家資格を制定している法律が「税理士法」です。税理士法は全8章から構成されています。第1章では総則として税理士の使命や業務、第2章では税理士試験について、第3章では税理士名簿への登録、第4章では税理士の義務や権利、第5章では税理士の責任と税理士法人について、第6章では税理士会及び日本税理士連合会について、第7章では雑則、第8章では罰則といった構成となっています。この税理士法は前身の税務代理士法を経て昭和26年に制定されました。制定後に幾度かの法改正が行われた後に現在の法制度となっています。

top用置換

top用置換2
Page Top